予想以上におもしろかった!本田翼主演の『チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』

PR
記事内に広告が含まれています。
PR

あれ?結構おもしろい!

というのが最初の感想だった『チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』。

本田翼、風間俊介、福原遥……と目を引くキャスティング。
そして、『おっさんずラブ』では、チャラい後輩を演じ、
腐女子、うっかりゲイに告る。』ではゲイでナイーブな主人公を演じた
今注目の金子大地も出演。

ってことは
出演者だけは気合入っているけど、内容はイマイチっていう
アレ(駄作)の予感

と思っていたんだけど、蓋を開けてみたら
あれれ?
お、おもしろい……!

まず、登場人物がどんな人なのか
あえて紹介しない
っていうのがいい。

ストーリーが進行しないと
キャラクターがどんな役割を担っているのか
よくわからないように作っている。
だから、キャラクターを把握したくて
ついつい見入ってしまうのよね。

そして、詐欺師を騙すというテーマ。

詐欺事件の元締めを捕まえるために
刑事の安斎(風間俊介)が作った
詐欺師を騙す集団「チート」。
そのメンバーは、
沙希(本田翼)、根岸(上杉柊平)、美月(福原遥)
の3人だったはずが、
騙されやすすぎて警察では使い物にならないと
安斎から加茂(金子大地)が送り込まれ仲間入り。

騙すことにおいては天才的な沙希が
騙されやすい加茂を利用して、
詐欺師をおびき出す。
……というのが1話のテンプレートのよう。

この沙希が繰り出す
“詐欺師を騙す”手段が巧妙で
どうやって騙すのか推理したくなるし、
テンポも早めなので、飽きない!

そして、ターゲットをまんまとハメて、
その手口を明かす瞬間が
アハ体験並の爽快感アリ
沙希のドヤ顔アリ
で、かなり楽しい!

あとは、主人公のキャラクター

主人公の沙希は、“ツンツン”で“デレ”の要素が皆無。
毒舌で、加茂の鈍さにいつもイライラしているのに、
実は「モモ」という名前で
売れない地下アイドルをやっている!

しかも、アイドルのときは、
沙希のときの“ツンツン”が皆無で、
終始ぶりっ子を貫く。
(ただし80年代〜90年代初頭のソロアイドルテイスト)

このギャップがかなりおもしろい!

それに、沙希のシーンで加茂にイラッとして、
冷徹な言葉を吐き捨てるときも
モモのときの過度なぶりっ子も
どちらも演者自身が楽しんでる感じがして、
これまた最高。

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~
のときの本田翼の演技がちょっと違和感だったんだけど、
今回は冷徹・毒舌の沙希と
チートのストレスをぶつけるように
超ぶりっ子に振る舞うモモの
真逆の演技がピタッとハマってる

個人的には、こういう沙希みたいなツンツンか、
モモみたいな振り切ったぶりっ子か、
ゆうべはお楽しみでしたね
のみやこみたいなサバサバキャラが
本田翼には合ってると思うんだよね。
……と余談だけど。

そして、1話ではチラっとしか触れなかったけど、
どうやら今後は、
チート(詐欺師を騙す)で犯人をあぶり出すストーリーのほかに
沙希の過去が明らかになっていくみたい。

その鍵を握るのが
安斎の同期・蓮見(桐山漣)と
謎の占い師(池内万作)
のようで……。

次回以降も楽しみ。
 

タイトルとURLをコピーしました