『絶メシロード』第1話/休日、絶メシを求めて出かける人が増えそうな金曜夜の癒やし

PR
記事内に広告が含まれています。
PR

食事系ドラマを作らせたら日本一だと思っているテレ東から新作がまたもや誕生。
それが『絶メシロード』。

ドラマ25「絶メシロード」|出演:濱津隆之 酒井若菜 山本耕史|テレビ東京

会社では、イマイチ部下に強気に出られない。
家に帰ればアイドル沼にハマり中の妻と娘が遠征中。
そんな中年サラリーマン・須田(濱津隆之)が、日ごろのストレス発散として、週末車中泊のプチ旅行へ出かける。
そこで出会った、絶メシ(絶滅してしまうかもしれない絶品のメシ)を紹介していく、『孤独のグルメ』スタイルのドラマである。

『孤独のグルメ』だと井之頭五郎の貿易商の話って一応あるけど正直、食事場所を探すきっかけであって、あんまり深く描いていない印象ですよね。
でも、『絶メシロード』の場合は、日ごろのやり場のないストレスをプチ旅行&絶メシに求めているため、主人公の肩身狭い感と哀愁漂う日常がちょっとだけ深く描かれている感じ。

それで、第1話の絶メシは、山梨の富士山のふもとにある「たかちゃんうどん」。

濱津さんの食べっぷりってどうなんだろうと思ったら、これまた美味しそうに食べる……。
だから、料理自体の美味しそうな見た目はもちろん、食べてるシーンにも癒やされる。

「実際にあるお店なのかしら?」と思ったら、そうでした。
ドラマでは、役者(安藤玉恵さん)が女将さんを演じていたけど、最後に実際の女将さんの2ショット写真とかが出てきたりするから、そこでドキュメンタリー感というか『ふるカフェ』的な空気を感じる。

あとリアルタイムで見ると、深い時間だけど、一応金曜の夜なので、休日お出かけしたい派の人とかは、これ見て、絶メシ求めて出かけていきそう。
そういう意味では曜日のチョイスが絶妙。

次回はベテラン車中泊マスターとして山本耕史が降臨するらしい。

どうなるのか気になる…。

ちなみに、さっき気づいたけど、「Paravi」だったら、先取りで次の話が見られるみたい!
早く言ってよ!

※本ページの情報は2020年1月時点のものです。

タイトルとURLをコピーしました