【ドラマレビュー】『今夜すきやきだよ』(放送:2023年1月6日〜3月24日)

PR
記事内に広告が含まれています。
PR

※レビュー部分は、Instagramに掲載した記事を転載しています。

5話

放送前から期待してたんだけど
やっぱり見てよかった作品だった。

男も女も
恋愛体質だろうが
アロマンティックだろうが、
仕事とか生活とか
今まで一般的に
当たり前だと思われていたことに
「あれ?
それって自分の価値観に合わないな。
でもそう思っていいよね」
って
ふんわり背中を押してくれるお話。

個人的に共感できること多くて
毎回グッときてる。

現在最新話の5話で
刺さったのは
「女だって骨太好きだよね」
ってともこが言うところ。

そう、そうなんだよ。

裏社会を垣間見ようとしたら、
マジでやばい案件だった
なんてハードボイルドな感じとか
(『インフォーマ』の1話
見たばっかりだから影響されてる笑)
超能力とか夢とか
非現実的な設定だけど
作り込まれた内容の
『AKIRA』とか『インセプション』とか
ゴリゴリのSFだって好きだし。

普通と違う
思っていたのと違う
と思われようと、
自分の人生なんだから
胸張って生きていいんだな
と思えるんだよね。

このドラマ見ると。

元の記事(Instagram)を読む

6話

人に自分の嫌なことを言われたり
「今言ってくれるな」
っていう痛いところを
突かれたりするのが
私は苦手です。

今回は仕事のギャラの件で
ぼやいた、ともこに対して
あいこが痛いところをついて
揉めてしまうシーンが。

でも、大切な人だからこそ
嫌なことでも言うんだよね。

それがわかって劇中では和解。
そして2人の絆深まる
って展開でした。

恥ずかしながら、
ついこの間まで
仲良いからこそ
嫌なことも言ってくれている
ってことに気づかず、
相手が共感してくれないと
私のことを否定してるんだと
思ってました。

長年培った思考のクセ
ってなかなか抜けないけど
何か嫌なこと言われても
(悪意があることを除いて)
それは私のこと思って言ってるんだ
と思うようにしたいな。

元の記事(Instagram)を読む

7話

結婚が決まったあいこが
「やっと抜け出せた」
と脳内でつぶやいたセリフが
印象的で。

自分も結婚することが
みんなが言う幸せをつかめた
というか
人生の一区切り
と思っていた時期があって。

というのも
親が結婚が早かったこともあって
結婚しないと大人じゃない
と思ったり、
子供の頃に読んだ漫画とか
メディアとか
まわりの考え方に影響されて
結婚=幸せ

勝手に思い込んでいたり
したんですよね。

でも、
自分のことを冷静に捉えると
人のことを好きになることが
人よりちょっと(だいぶかも……)
少ないし、
ひとりでも
幸せを感じることは
案外多いな
と。

それに気づいてから
思い込みが吹き飛んだ
というか。

今は結婚したいとも
したくないとも
思ってないです。
ただ流れに沿うだけ。

でも
自分がやりたい
と思ったことを
存分にできて、
一緒にいて
楽しい、心地いい
人間関係がつくれたら
うれしいかな。

ドラマに話を戻すと
あいこの結婚で
阿吽の仲だった
同居人・ともことの関係が
今後どうなるか気になる。

元の記事(Instagram)を読む

8話

それまで暮らしたことない人と
一緒に住んだら
「あれ?」
と思う。

っていうのは
当然なんじゃないかな、
と思うけど、
家族でもないのに、
心地よく暮らしていた人が
いたのなら
確かに
どんなに好きな相手でも
ストレスは感じそう。

今回の話は
結婚に浮かれていたけど
籍を入れる前に
半同棲生活をした
あいこが
そんな状態。

実は
続きが気になって
先に原作を読んだけど
なるほど、
うまい着地点だった。

結婚となると
家族のようなつながりって
パートナー(&子ども)だけ!
みたいな
考え方をついつい
してしまうけど、
そうとも違う
捉え方・付き合い方が
できるかもしれないよね。

実写も同じ展開か
わからない。
けど、
ドラマの
ゆるっとしてるのに
核心をつく
雰囲気が好きなので
こちらの結末に
期待しちゃう。

元の記事(Instagram)を読む

9話

結婚を決めたあいこ。

でも、これまで通り
ともこと暮らし、
夫のゆきは
同じマンションに
越してきたけど
別居婚。

こんな生き方もいいよね。

そして、たまに集まって
ご飯食べてる
あいこ、ともこ、ゆき、
ともこの友達のしんた。

こんな感じで
みんなが集まりたいときに
集まって
手巻き寿司食べながら
言いたいこと言えて
嫉妬もマウンティングもなく
ゆるやかにつながってる
仲間がいる。

ひとりの時間も
ほしいけど
こんな仲間がいるのが
私の人間関係で
理想かも。

元の記事(Instagram)を読む

10話

結婚したけど
夫とは別居で
相変わらず
ともこと暮らす
あいこ。

そこで問題となったのは
子供どうする?
って話。

劇中で、
ともこが
あいこに
「いいね、人生の仲間が
増える感じで」
と、
自分は入れない感じに
ちょっと拗ねて。

それに対して、
あいこが
「ともこも人生の仲間だから」
と言う
シーンがあって。

「人生の仲間ってRPGみたい」
というセリフもあったんだけど、
人生を共に歩む仲間を
増やすって考えたら
いわゆる戸籍上の家族を
つくろうと
がんじがらめに考えなくても
もっと楽しく、
ラクに
人と一緒に生きていけるのかもな
と思った。

元の記事(Instagram)を読む

11話

自分に対して
ポジティブな意見は
うれしいもの。
一方、ネガティブな意見って
モヤモヤする。

今回はそれについてのお話。

私の場合、
人のネガティブな意見に
すぐ動揺するので、
何かポストするときも
共感する人、伝わる人が
多いといいな
と思う一方、
目立ってしまって
ネガティブなことを
言ってくる人がいたら
どうしよう
という
相反する感情を
いつも持っていて。

だから、
ついつい、
目立たないように
でも気づいてほしくて
ドアの下の
細ーい隙間から
紙をスッと出しすような意識で
投稿してたりするんだけど。

で、ドラマでは
どんなことでも
もしネガティブな意見に
遭遇したら
それについて、
とにかく悩めばいい。
それしかない。
と。

それを聞いて
「なるほどな」と思った。

無視する、
見なかったことにする
というんじゃなくて、
悩む、
考える。

ネガティブな声を
真正面から受け止めることって
傷つくし、
かさぶたができたら
その度、無理やりはがす
みたいな
感じがして
「うーん」と
思っていたけど、
それがいい方向に
つながるなら
勇気を出してみようかな。

元の記事(Instagram)を読む

12話(最終話)

高校の同級生とはいえ、
当時はそんなに仲良くなかったのに
大人になって再会して
ひょんなことから同居がはじまり、
問題が起こったら
二人で乗り越えて。

人生の仲間になる過程を
ほっこり、
でも丁寧に描いてきた
この作品。

最終回は
あいこが出産して
ともことの共同生活にも
変化が。

でも、人生の仲間なのは
全然変わらなくて、
むしろ、
あいこのパートナーに
子供、
ともこの親友も含め
仲間は増えてる感じ。

こうやって
たまには
みんな一緒に集まるけど、
心ではいつだって繋がってる。

生きてくための
戦友がいるっていいよね。

そんな今の時代にあった
生き方のモデルを
見せてくれたのが
本当に刺さった。

最終回まで見て、
何か行き詰まったときに
見返したいと思う。

元の記事(Instagram)を読む

放送概要

タイトル:『今夜すきやきだよ
放送日:2023年1月6日〜3月24日
放送時間:金曜0:12〜
放送チャンネル:テレビ東京系列
出演:蓮佛美沙子、トリンドル玲奈、鈴木仁、三河悠冴、紺野ぶるま、河井青葉、宮崎美子
原作:谷口菜津子
配信U-NEXT
公式サイトhttps://www.tv-tokyo.co.jp/konyasukiyakidayo/

タイトルとURLをコピーしました