【映画レビュー】『リバー、流れないでよ』(公開:2023年6月23日)

PR
記事内に広告が含まれています。

※レビュー部分は、Instagramに掲載した記事を転載しています。

京都の料理旅館の
奥ゆかしい雰囲気とは
似つかわしくない感じで
何度も繰り返される
2分間のタイムループ。

旅館にいた人たちは
最初は戸惑い
受け入れたものの
抜け出したい人
抜け出したくない人
入り乱れまくって
誤解や実験(?)もあったり。
上映時間は割と短いのに、
繰り返される2分が濃いから
見応えあった。

個人的に刺さったのが
終わらない雑炊と
終わらない入浴。

あと
2分は繰り返されるけど、
前の記憶は引き継がれる
っていう
ループのルールも好き。

このおかげで話がスムーズに
行くこともあれば
そのせいで混乱するところが
ちゃんと笑えるシーンに
なってるんだよね。

撮影の都合上だと思うけど
(同じ日に全部撮影できないので、
天候合わせを無視するためだと思う)
ループが発生している
旅館一帯だけ世界線がズレてる
っていう、この設定も好き!

だから時間がリセットされた
ある日は晴れてて、
ある日は大雪だったり。
それでも
「世界線がズレてるなら、まあ……」
とこっちもそう思い込もうとしちゃうし。
この現象(?)がなんかツボでした。

元の記事(Instagram)を読む

作品概要

タイトル:『リバー、流れないでよ』
公開日:2023年6月23日
出演:藤谷理子、永野宗典、角田貴志、酒井善史、諏訪雅、石田剛太、中川晴樹、土佐和成、鳥越裕貴、早織、久保史緒里(乃木坂46)、本上まなみ、近藤芳正
脚本:上田誠
監督:山口淳太
配信サイト:AmazonU-NEXTTELASALemino
公式サイト:https://www.europe-kikaku.com/river/

タイトルとURLをコピーしました