【ドラマ『往生際の意味を知れ!』あらすじ・レビュー】毒親がついた嘘とは? そしてその復讐劇の結末は?

PR
記事内に広告が含まれています。
PR

『往生際の意味を知れ!』のあらすじ

大学生の時に1ヶ月だけ付き合った元カノ・日下部日和(見上愛)のことが忘れられない市松海路(青木柚)。当時、監督として映画制作をしていて彼女を主人公にした作品を完成させたものの、フラレたことで次の作品が撮れなくなり、市役所へ就職。
そんなある日、海路ももとに日和から連絡が来る。その内容は、自分との子供を作って、その出産ドキュメンタリーを撮ってほしいという依頼だった。
日和とよりを戻せるという下心から彼女の依頼を受けることにするが、子づくりの協力はしてほしいけれど、接触はナシ。しかも、その真意は、自分たち姉妹が題材となっているエッセイ漫画『星の三姉妹』の嘘を暴き、作者である母・由紀(山本未來)へ復讐するために、出産ドキュメンタリーで注目を集めるためだった。
そんな日和の計画に巻き込まれた海路。最初は甘く見ていたものの、亡くなった日和たちの父は由紀により殺されていたこと、三姉妹の末っ子・千世子(宮﨑優)は由紀が飲ませている薬により、車椅子生活を送っていること。そして、日和の妊娠計画を由紀にリークしている人物が身近にいることなど、想像以上の事実を知ることになる。そして、日和への協力を固く誓うが……。

親の歪んだ愛情でツンデレに!? 毒親は一体何をしたかったのか

元カノが忘れられない男が彼女の心を再びつかもうとするラブストーリー。
ではあるんだけど、日和が復讐したい母が毒親すぎて、そっちばっかり目がいってしまう。

母・由紀は漫画のネタにするために、日和の父を監禁し、入院していると装う。そして、とある人物が自分に好意があることを利用して悪事を働かせたり、打ち合わせ中に近づいてきた海路を追い払うため、暴力を振るわれたかのように騒ぎ立て警備員を呼ぶなど平気で嘘をつく。
娘たちに愛情がないわけではないようだけど、千世子に車椅子生活を送らせるため、体を弱らせるなど、結局、漫画のネタになるような事実を作るわけだから、一般的な母の愛情を感じない。
由紀は一体何がしたかったのか。

おそらく自分が目立ちたかっただけだと思うし、無邪気に生きている娘たちや夫(日和たちの父)への嫉妬もあったのかもしれない。そのために嘘をつき、まわりを振り回して生きているって……。

そんな母の嘘に気づきながらも振り回されてきた日和。結果的に海路を振り回してはいるけど、母の犠牲者を増やしたくないという思いもあるようで、肝心なところで、海路を巻き込まないように突き放してしまう。しかも、彼に対しては好意があるような、ないようなツンデレな態度ばかり。
それは、母が嘘つきなのはわかってはいるけど、やっぱり愛情を受けたいという相反する感情をずっと抱えていたからなのでは? だから、本当は海路のことが好きなのに、ストレートに愛情を伝えられなくなったのだと思った。
これは架空の話だから、そうなる人は少数派なのかもしれない。けど、親の歪んだ愛情を受けていると、他者への愛情の示し方も、いびつなものになりやすいのかもしれない。

ちなみに、日和と母の対決は、私としては予想できなかった展開だけど、割とスッキリ。
でも、海路がこの対決の途中で、ある寄り道をしたせいで、ビックリなオチが待っていたけど……。

PR

作品概要

タイトル:『往生際の意味を知れ!』
放送日:2023年3月7日〜4月25日
放送時間:(毎日放送)火曜24:59〜25:29、(TBS)火曜25:28〜25:58(ドラマイズム)
放送局:毎日放送、TBS
キャスト:見上愛、青木柚、樋口日奈、三山凌輝、安斉星来、宮﨑優、遊井亮子、山本未來
原作:米代恭
脚本:開真理、竹村武司
監督:アベラヒデノブ
公式サイト:https://www.mbs.jp/oujougiwa_no_imioshire/
ドラマを動画配信で見る:Hulu

▼ドラマをDVDで見る

▼原作漫画を読む

2023年放送のドラマリスト

タイトルとURLをコピーしました