ドラマガガ

今と昔のドラマがわかるドラマ好きのためのレビューブログ

映画

松岡茉優が一番不憫に思えた『万引き家族』

2018年公開映画の話題作のひとつ『万引き家族』。 【早期購入特典あり】万引き家族 通常版DVD (A5ミニクリアファイルセット(2枚組)付) 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2019/04/03 メディア: DVD この商品を含むブログを見る 父(リリー・フラン…

『THE 有頂天ホテル』みたいな後ろ向きな生き方に明るく喝を入れるドラマが今後必要?

『THE 有頂天ホテル』を視聴。 THE 有頂天ホテル 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る 前の記事はこちら 一度観たことがあって、そのときは「わちゃわちゃしてるな」という印象で登場人物の各エピソードの記憶が薄かったの…

出演者の活躍っぷりがスゴイ!『十二人の死にたい子どもたち』

映画『十二人の死にたい子どもたち』。 話は、集団自殺するために廃病院に集まった十二人の未成年がいざ計画を実行しようとしたところ、十三人目の未成年がいて、しかもそれは死体だった!? 全員一致で賛成しないとできない集団自殺だったが、そのせいで反…

【新年におすすめの映画】病気、他者からの反対、トラブル……次々と問題を乗り越えていく『8年越しの花嫁』は爽快感ある物語

ちょっと気になってた『8年越しの花嫁』。 8年越しの花嫁 奇跡の実話 発売日: 2018/06/04 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る 車の整備の仕事をしている尚志(佐藤健)は、職場の先輩から誘われた食事会で麻衣(土屋太鳳)と出会う。 デート…

テレビゲームを再現したようなループを繰り返す『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

以前、読んだ ゲーム的リアリズムの誕生~動物化するポストモダン2 (講談社現代新書) 作者: 東浩紀 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2007/03/16 メディア: 新書 購入: 34人 クリック: 461回 この商品を含むブログ (467件) を見る この本で紹介していた『オー…

『今日から俺は!!』をみたら『明烏』もみてほしい

『今日から俺は!!』最終回で 城田優が出ているのをみて、 キャラが地居に似てるなぁと思って 『SPEC』を思い出したけど、 「なんで福田雄一監督作で城田優?」と思ったら出てました、『明烏』に。 明烏 発売日: 2015/09/09 メディア: Prime Video この商品…

映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』の「DESTINY」の意味

この間テレビでやっていた『DESTINY 鎌倉ものがたり』を録画していたので視聴。 DESTINY 鎌倉ものがたり 発売日: 2018/06/06 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る 原作を読んでいないので、その点申し訳ないのですが、映画をみる限り、ジブリ…

この声、『紅の豚』じゃねえ?

『紅の豚』は小学生の頃、劇場公開されたときに観に行ったけど、当時はまったくよくわからなかった。 紅の豚 [DVD] 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 発売日: 2014/07/16 メディア: DVD この商品を含むブログ (6件) を見る 「いい加…

SATに勝ってしまう青島のシーンこそ『踊る大捜査線』らしさが溢れてる

この間、日本映画専門チャンネルで『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』をやっていた。 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! [DVD] 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2004/06/02 メディア: DVD 購入: …

【掲載】東野圭吾原作の映画をまとめてます

東野圭吾原作の映画17作品を紹介した記事を書くました。 興味があったらぜひ。 ちなみに個人的には、テレビドラマの『新参者』から加賀恭一郎を見守っていたからか、加賀のバックグラウンドがわかる『祈りの幕が下りる時』が満足度が高かった。 祈りの幕が下…

大橋から吉田へ

『ブラック・レイン』を観た。 ブラック・レイン (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る 男のメンツと友情と闘争を描く話で、その中に戦争がもたらした欧米的な考え方への皮肉も込められたりして、もっと深く理解す…

記憶はあてにならないもの

久々に『犬神家の一族』を観た。 犬神家の一族(1976) 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る 覚えていると思いきや、その複雑な人間関係や事件の結末までかなり記憶があやふやで、観ていって「そうだ、そうだった!」という…

【媒体掲載】クドカン(宮藤官九郎)脚本映画についてまとめました

タイトルの通りですが、宮藤官九郎が脚本を手がけた映画についてまとめた記事を書きました。 「3つの法則」という視点から脚本の傾向を分析しつつ、どんな作品があるのかまとめてみたのでよかったらご覧ください。 ちなみに、このたくさんの作品の中で何度も…

歩いても歩いても海よりもまだ深く

『歩いても歩いても』『海よりもまだ深く』どっちの作品も好き。『歩いても歩いても』は、兄の命日の日に集まった家族の一日を描き、『海よりもまだ深く』は、落ちぶれた小説家の主人公と母、元妻、子供との関係を描く物語。一見どちらも家族がテーマの映画…

『50回目のファーストキス』はラブコメじゃなくてラブストーリーだった。

『50回目のファーストキス』福田雄一監督が胸がキュンとなるようなそんなラブなストーリーできるはずねぇ!と思った方。半分、正解で半分、不正解です。相変わらず脱線しているシーン多め。 個人的に推したい見どころもインスタ女子をディスっている山田孝之…

90年代からのメッセージ〜『リバーズ・エッジ』を読んで〜

リバ-ズ・エッジ オリジナル復刻版/宝島社/岡崎京子 posted with カエレバ 楽天市場で調べる Amazonで調べる Yahooショッピングで調べる 7netで調べる Wowmaで調べる 『リバーズ・エッジ』名作と言われて久しいのに恥ずかしながら、作品を読んだのは映画を観…

中村倫也と『愚行録』

中村倫也が本当にすごい!と思ったのは『愚行録』を観たときのこと。 愚行録 発売日: 2017/08/29 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログ (1件) を見る 大学生のあのなんとも言えないいい加減な雰囲気を演じていたかと思えば、その人物の30歳前後ちょ…

【媒体掲載】「ケイゾク」「SPEC」のネタバレ解説掲載してます

「ケイゾク」、「SPEC」ってどんな話よ?っていうのをまとめてみました。かなりネタバレ多いので、知らないで観たい人は読まないで。小ネタ的な話も入れたかったけど、とにかく話の筋知らないとサッパリだよなーと思ったのであらすじが多くて恐縮です。 しか…

【媒体掲載】ドラマ『アンナチュラル』にちなんだ記事を書きました

『失恋ショコラティエ』のサエコの魔性ブリッコキャラでどーんと暴落していたのに、『シン・ゴジラ』でカヨコが言い放った「ZARAはどこ?」で少し回復。キラキラしてるのに、興味ない男にはとことん冷たい悦子が気に入ってなんだかんだ毎週観てた『地味にス…

【媒体掲載】映画『繕い裁つ人』について書きました。

映画『繕い裁つ人』についてFILMAGAさんに書かせていただきました。 服を作る女性、しかも強い信念を持った凛とした強い女性を描いています。 働くことの魅力、女性の力強さが詰まった作品でした。 そのあたり解説しています。 もし、よかったら読んでいただ…

【媒体掲載】映画『マザーウォーター』について書きました

映画『マザーウォーター』について、FILMAGAさんに記事を書かせていただきました。 淡々とまさに水のように流れていくようなリズム、余白が多い作品なので自分で感じ、汲み取っていく部分が多い話です。 そのあたり解説しました。 もしよかったらご覧くださ…

【媒体掲載】映画『阿修羅のごとく』について書きました

映画『阿修羅のごとく』について、女性の生き方という切り口で、FILMAGAさんに記事を書かせていただきました。 希望も持てるけど絶望も感じられる、幅広い感情を味わえる作品だと思います。 個人的には姉妹同士のお互いに感じているドロっとした心情をみてい…

思っていたクライマックスと違っていい意味で裏切られた映画『SCOOP!』

実のところ最初はあまり内容に期待していなかった『SCOOP!』。 予告を観て、 「ああ、きっとこれ犯人の顔を撮影するのがクライマックスで、できない新人ちゃん演じる二階堂ふみがここで成長していくんだろうなー」 なんて「ほぼネタバレの予告じゃん」と思っ…

HEROとHERO

今更というかこのタイミングというか。 『HERO』(2007年)と『HERO』(2015年)の2本を見てみました。 HERO スタンダード・エディション/DVD/TDV-18108D posted with カエレバ 楽天市場で調べる Amazonで調べる Yahooショッピングで調べる 7netで調べる …

『君の名は。』を見る前に

新海誠監督作のまとめ記事書きました。 話題の新鋭アニメ映画監督・新海誠が手がけた注目作品まとめ | FILMAGA(フィルマガ) 『君の名は。』を見る前によかったら読んでみてください。 今回、この記事書くにあたって監督作をほぼ見たけど、どれも奥が深い。…

シン・ゴジラとエヴァと踊る大捜査線と

※多少のネタバレも含まれていますので、ご了承くださいませ。 『シン・ゴジラ』を見て、印象的だったのは「DECISIVE BATTLE」という曲。 NEON GENESIS EVANGELION/CD/KICA-286 posted with カエレバ 楽天市場で調べる Amazonで調べる Yahooショッピングで…

言の葉の庭

雨の表現がとてもきれいで、新海誠監督の作品はどれも景色がきれいだけど、この雨のきれいさは他の作品とは別格です。 舞台はどうやら新宿御苑の日本庭園。 高校生とOL風の女性が約束するわけでもなく雨の日に会うことで徐々に心を通わせていく物語。 名前な…

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ

「地獄図(ヘルズ)」というバンドが出てくるのは事前に知っていたので「音楽」が出てくるのはわかってましたが、思いのほかロックミュージカルテイストな映画でした。 出てくるアーティストも豪華! Char、野村義男、マーティ・フリードマン、ROLLY、シシド・…