歩いても歩いても海よりもまだ深く

PR
記事内に広告が含まれています。
PR

是枝裕和監督の『歩いても歩いても』、『海よりもまだ深く』どっちの作品も好き。

『歩いても歩いても』は、兄の命日の日に集まった家族の一日を描き、
『海よりもまだ深く』は、落ちぶれた小説家の主人公と母、元妻、子供との関係を描く物語。

一見どちらも家族がテーマの映画に見えるけど、
男のふがいなさと女のしたたかさを
さり気なく、でもいやらしく、そして根深く描いているのがたまらない。
だからこそ、私はこの2作が好きなんだと思う。

ちなみに主人公の名前が良多で阿部寛が演じているのと、
母がとし子(淑子)で樹木希林が演じているという共通点があった。

あと、どちらの作品も姉の旦那役で元・男闘呼組、高橋和也も出てます。

タイトルとURLをコピーしました