悲惨な結末なのについついみちゃう『満島ひかり×江戸川乱歩』

PR
記事内に広告が含まれています。
PR

ドラマ『満島ひかり×江戸川乱歩』を視聴。

満島ひかりがどの作品にも登場する形で展開する江戸川乱歩の小説を映像化したオムニバスドラマ。しかも今回で第三弾。

映像化した作品は、「お勢登場」、「算盤が恋を語る話」、「人でなしの恋」の3本。

どれも満島ひかりがヒロイン、どれも妖艶な雰囲気をまとい登場。

「お勢登場」では、夫に隠れて不倫をしている妻、そして息子のかくれんぼに付き合って、長持に閉じ込められてしまった夫との物語。

「算盤が恋を語る話」では超奥手な男が算盤の暗号を使って同僚にアプローチしていく。しかし、相手の女性はそれに鈍感で……という物語。

「人でなしの恋」は、主人公の女性が町でちょっとした有名人でしかも名家のイケメンと結婚できて有頂天になっていたところ、夫が夜な夜な床を出ていくのを目撃。彼の浮気を疑ったら、意外な真実を見つけてしまう物語。

どの話も、ヒロインに翻弄される男、もしくは男に翻弄されるヒロインを描いていく。

3話とも、なさそうでありそう、ありそうでなさそうなお話。しかも、まったくハッピーエンドではない、むしろ悲惨な結果に終わるのだけど、人間の不条理さを的確に描いている気がして、それがリアリティあっておもしろい。

満島ひかりが『あさイチ』に出演した際、このドラマをスタッフみんなで「遊んで(遊び心を持って)」作ったと言っていただけあって、各話のエンディングも遊び心が満載。

確かにシリーズ化するのも納得。

次やるならどの作品をチョイスするんだろう?

タイトルとURLをコピーしました