ドラマ

【2019年冬ドラマ】ラブコメだけど、親との確執を乗り越えるのが裏テーマ?『初めて恋をした日に読む話』

原作はこちら。

初めて恋をした日に読む話 1 (マーガレットコミックス)

初めて恋をした日に読む話 1 (マーガレットコミックス)

東大受験に失敗した日から自分が何をしたいのか人生の計画がノープランになった順子(深田恭子)。 それもこれも東大一直線だった母(壇ふみ)のいいなりになって、反抗できなかった自分のせいだと、32歳になっても婚活も塾講師の仕事も何にもうまくいかないロクでもない大人になったと責め続ける。とはいってもやりたいこと、ときめくことなんて見つからない。 そんなときに、高2の由利匡平(横浜流星)と出会う。一度目はナンパ(しかも順子が案外年をとってたことに気づいて逃げるように去られる)、二度目はコンビニ前で匡平たちが花火をしていたとき、三度目は順子が働く塾に父親と一緒に来たとき。 匡平のことを罵る父親が自分の親とダブって見えて、自分の経験から親の言うことなんてきかなくていいと伝える順子。そのおかげでただ父親に反抗していた匡平が東大を目指すと言い出す。 匡平が通っている高校のレベルが低すぎることもあり、最初は諦めモードだった順子だけど、匡平が中学レベルから必死にやり直そうとする姿勢にほだされて(匡平がそうなったのは、自分のような大人になってほしくない。自分が何をやりたいか自分で決められる大人になってほしいと順子が言ってくれた影響があるんだけど)、勉強を教えるようになる。 匡平が勉強を理解していく姿にようやく、やりたいこと、ときめくようなことが見つかったような気がした順子だけど……。 そんな中、順子を狙ういとこの雅志(永山絢斗)の存在も。 中学のときからずーっと順子が好きなのに、順子が超絶鈍いことと本命ゆえにアプローチが下手で全然伝わらない! 婚活がうまくいってない順子の隙に入り込めそうだけど、どうなっちゃうのか? そして、今回は匡平の担任としてしか登場しなかったけど、山下(中村倫也)も順子を狙う男として出てくるよう。 3人の男に囲まれた順子の恋模様はいかに? ラブコメだからポップに描いているけど、親子の確執が根深い本作。 順子側からみると、大人になって確執を乗り越えられるのか、匡平からみると大人になる前にそれを乗り越えられるかといったところも裏テーマな気がする。 今のところ、ようやく順子が生徒に勉強を教えることにときめきだしたわけだから、順子に向かってる矢印は匡平が一歩リード。 でも、可能性が無限大な若い子がそのままぶっちぎるのか、東大卒だけど初恋を引きずりすぎてるこじらせ男・雅志が本領を発揮するのか、元ヤン同級生・山下がすっと順子の心に入っていくのか……。 男3人の駆け引きがこれからおもしろくなりそう。 そして、順子の親友・美和(安達祐実)がいい味出してた! 順子のこじらせに真摯にアドバイスする美和。わかっちゃいるけど、全然やりたいことが見つからない順子なわけだけど、美和が言う「順子の本当の笑顔を見たい」(主体的にやりたいことを見つけ、実行する姿をみたい)というのが、このドラマの大テーマなような気がする。だから、物語のスパイスにもなっているけど、意外とキーパーソンなのかな、と。 大人になるとしがらみもあったり、本当にやりたいことって何だろうと立ち止まることもあるし、躓くことも大いにある。 だからって簡単に乗り越えるものなんて見つからないから、その点ドラマは多少都合よくできてるけど、そういうこじらせた人が主人公になり得てるってだけでも、ほんのちょっとだけ勇気もらえる。そんなドラマだった。]]>