ドラマ

自分で物語の展開を選ぶことができるゲームのようなNetflix作品『ブラック・ミラー:バンダースナッチ』をみてみた

この作品は人気ドラマシリーズ『ブラック・ミラー』のインタラクティブ版。 つまり、物語の途中で出てくる選択肢を視聴者が選ぶことで、さまざまなストーリーを体験できるというもの。 大まかなあらすじは、主人公・ステファンが、読者の選択で物語が変わっていく小説を原作としたゲームを作ることになる。 その中で、ずっと引っかかっていた父との関係に変化が起きたり、亡き母がきっかけとなったトラウマが呼び起こされたり、原作の小説を分析し、ゲーム化する作業中に時間をかければかけるほど増える幻覚に悩まされたり……。 ステファンの不可思議な出来事を描いていく。 物語の要所要所、主人公にしてほしい行動の選択肢が提示され、視聴者が選ぶことでストーリーが変化していく。 そもそも、この作品の物語自体が、ユーザーの選択でストーリーが変わるゲームを開発する過程を描いているのに、これをみている視聴者がそのストーリーの行く末を選択することで、物語が進む、という構造になっていること自体がおもしろい! おかげで、物語と視聴体験の境目が曖昧になっているのが大きな特徴。 それで、そういう仕掛けのドラマなので、エンディングも当然複数存在する。 私がみたところ3つしか見つからなかったけど、5つあるらしい。 ↓それについては「WIRED」の記事参照。 「この選択肢、間違えた!」 と思っても、やり直しがきくし、シーンによっては強制的に戻るのでご安心を。 そして、そのインタラクティブな面を抜きに、ストーリーだけみてもよくできている。けど、主人公が過去にとらわれていることも不可思議な現象の一因でもあるので全体的にトーンが暗め。 私がみたエンディングは、ポジティブに感じられるようなものはなかった。 ちなみに主人公のステファンを演じたのは『ダンケルク』で主演だったフィン・ホワイトヘッド。
ダンケルク(字幕版)

ダンケルク(字幕版)

主人公は話の途中で「誰かに選択を操られてる!」と勘づいてしまうし、どんどん不安定な感情が多くなるだけに、気分が落ち込み気味の時は、重いのでおすすめできない。 けど、自分の選択でおもしろいように物語が転がっていく体験はいまだかつてないものかも。 そういう意味ではぜひ体験してほしい作品。]]>