ドラマ

『サイコメトラーEIJI』以来の悪役?『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』6話

なんだかんだみてしまうのだけど、いよいよヒーローの章の開幕らしい。 しょっぱなからネタバレしてごめんだけど、メガネをかけているときは真実を言い、メガネを外したときはウソを言うというヒントを生徒たちに事前に与えていた柊(菅田将暉)。 ずっとそれに注目して柊の一挙手一投足を見つめていたさくら(永野芽郁)は、メガネを外した柊が「もし、フェイク動画作成をベルムズに依頼した犯人である魅皇高校の教師が夜の8時までに名乗り出ないのなら教室を爆破する」と言って犯人を見つけようと脅すのだけど、ほかの生徒のように慌てない。 だから、夕飯を取りに行ったときにさくらが、自分はわかっているというメッセージを伝えたくて、柊のルールに則り、たまたま柊が外したメガネを自分がかけて、「先生を信じてる」と言ったシーン。個人的にすごく好きな場面。 で、結局犯人は名乗り出なかった。けど、ラストに柊が犯人と睨んで名指ししたのが武智先生(田辺誠一)。 メディアに出まくって、空気読めない先生であることを6話もかけて、ドラマ内でアピールされてきたけど、本当に彼なのか、それとも犯人を炙り出すためのダミー? それにしても、もし犯人だとしたら田辺さんが悪役やるのって久々じゃない? というので思い出したのがドラマ版『サイコメトラーEIJI』。 記憶がおぼろげなので、違っていたら凝縮だけど、このドラマの黒幕が田辺さん演じる沢木で。

サイコメトラーEIJI VOL.1 [VHS]

サイコメトラーEIJI VOL.1 [VHS]

確か途中まで映児(松岡昌宏)と志摩亮子(大塚寧々)の味方のふりをしていて、最後に正体を明かしたはず。 奇しくも同じ日本テレビのドラマだった。 『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』のほうはどうなるかわからないけど、あんなにみんな不安で右往左往していたときに、ひとりメディアに出まくって呑気に過ごしていた武智先生が犯人だったらおもしろいなと思ってる。]]>