ドラマ

人の過去と未来は見えてもアタル自身は自分のことを占えないのでは?『ハケン占い師アタル』

ハケン占い師アタル』5話。

前の記事はこちら
ラスボス(お母ちゃん)前の静けさ的な回?『トクサツガガガ』5話
定時に帰れるほど仕事ができるし、正論ばかり言うけど同僚に冷たい田端さん(野波麻帆)のベールに包まれていたプライベートが明らかに。 母親が早く亡くなり、学生のときから家のことをすべてやらなければいけなくなった上、父親が早期に会社を退社したせいで、医学部に行く夢は諦めなくてはならなくなった田端さん。 しかも今は、働かない父親だけではなく、就活に失敗してニート化した弟の面倒をみなくちゃいけないから仕事が終わったらすぐに家に帰って家事をしなくてはならないし、結婚して家を出たくても恋する暇もない。しかも、家以外の場でも男尊女卑的な扱いをされることもあってストレスフル! そんな背景もあり、女性躍進プロジェクトのモデルケースに選ばれたせいで上司の代々木(及川光博)から無理矢理連れていかれた社内の大学OB会で、日頃の怒りを爆発させてしまう。 担当していたイベントも外されてしまい、みんなの前では強がっていたものの、さすがに意気消沈する田端さん。 心配したDチームのみんなから「アタル(杉咲花)に占ってもらうのがいい」と言われ、いつものニコニコとは一転して無愛想でぶっきらぼうにキャラ変したアタルに占ってもらうことに。 そしてアタルが言うには、なんでも欲しがりすぎだし、他人の人生と自分を比較してしまうから不満を抱きやすいんだ、とのこと。亡くなった母が生前、病気になってしまった境遇を恨むのでなく、出会ったものに幸せを感じていたことを思い出して、改心する田端さん。 今回もどうして空回りしてしまうのか悩んでいた迷える社会人を救ったアタル。 そして、今まで抱えてきた不満を捨て去るように、ドラマの最後に自分の足かせになっていたものを捨てるシーンが私は好き。 今回の田端さんは「占い本」。 いよいよ来週は、Dチームの中でアタルに占ってもらってない残りのひとり、大崎さん(板谷由夏)の回。 ただ、5話の、本当に最後の最後でアタルの母・キズナ(若村麻由美)のもとへ大崎さんが訪れてるシーンが。 しかもキズナはアタルのことを探してるし、大崎さんがきっかけでついに6話でアタルの居場所が母にバレてしまうのでは!? ただ気になるのは、人の過去や未来は見えるのに、アタル自身の未来は自分で見えない疑惑。 4話の最後に上野さん(小澤征悦)たちから飲み会の2軒目に誘われ一度は乗り気になるものの、母の組織の関係者と思われる人が自分を探しているのを目撃して帰ってしまうシーンがあった。 自分の未来が見えてたらもっと早い段階で予感するはずだから、やっぱりアタルは自分のことは占えないのかも。 そして、来週の予告テキストに「アタルは、大崎を飲みに誘い、ある言葉を投げかける。だが、この一件は巡り巡って、アタルの心にも不穏な影を落とす事態を招いてしまい…!?」ってあるけど、もしアタルが自分を占えないとなると波乱の展開になりそうで……。]]>