ドラマ

虎丸は大人な男だとわかった『トレース~科捜研の男~』9話

前の記事はこちら
今回は、虎丸(船越英一郎)が昔逮捕して、出所したばかりの富樫(和田正人)に、恋人である綾乃(美山加恋)を殺害した容疑がかかるが、彼は行方不明という事件を解決していくのがメイン。 ただ、まさか富樫が出所後すぐに事件を起こすことはないと肩入れしていたせいで、虎丸は捜査から外されてしまう。 でもどうしても富樫がやったとは思えない虎丸は真野(錦戸亮)に協力するよう頼み込み、それを飲んだ真野は遺体や現場の状況をさらに細かく調べていく。 そんなときに、富樫から虎丸あてに電話がかかってくる。 きっと綾乃を殺したのは自分がかつて逮捕される原因となった暴力団のせいだと“思い込み”、自暴自棄になって、殺しに行くと富樫は宣言するが、その場にいた真野からそいつらが犯人というのか証拠があるのか、そして自分も大切な人を殺され、しかもその真相が今もわからないから苦しい気持ちはわかると説得される。 なんとか富樫が思いとどまっている間、真野の調査結果が出て、やっぱり犯人は富樫でないことが判明。 そして行方不明だった富樫の潜伏先もわかり、一件落着。 一方、真野の家族が巻き込まれた「武蔵野一家殺人事件」の真相はまたもやお預け。 兄の担任だった早川(萩原聖人)も手詰まりで、真野も手がかりなし。 でも今回は、虎丸が実は大人な人間だったこと、真野がようやく虎丸を信じ始めたことがわかる回。 1話では、怒鳴り声がすごいし、冷静な真野にあからさまに不快な顔をするし、この先ついていけるか心配なキャラだった虎丸さん。 でも富樫のために真野に頭を下げて調査依頼をしていて、虎丸さんが真野の腕を買っていることがよくわかった。 それに、ノンナ(新木優子)から、真野が「武蔵野一家殺人事件」を調べていることと、6話に出てきた新妻の事件との関連性を相談されるもノンナの前ではごまかしたくせに、「刑事の勘」で真野がその事件に巻き込まれた家族の生き残りだったことを突き止めてしまう。 けど、本人には言わず、しかも富樫を説得している最中にさり気なく、まったく嫌味にならないように、そのことを知ってると真野に匂わすところが、さすが。 いろんな修羅場をくぐり抜け、年齢を重ねているからこそできる対応だなと。 いつも冷静沈着だけど他人を突き放しがちな真野より断然成熟しきった大人な人間に見えた。 だから、真野への信頼感と実は大人な男であることを強調するために、あえて1話では横暴な虎丸さんが表現されていたのかな、と今になって感じる。 そして、誰にも信じてもらえなかった富樫を唯一信じ抜き、そして真野の背景を知っても、深入りするわけではない虎丸。 そこに惹かれたのか、今まで心を開くことがなかった真野が信頼を寄せ始めているところも今回、グッときた。 真野が追う事件の真相がなかなか見えてこないし、千原ジュニアは一体何者なのよって感じではあるけど、こんな風に1話ごとに展開されていく物語がおもしろいからついつい見ちゃう。 早く真野の事件の真相を知りたいけど、こういう形でお預けくらうのも案外おもしろいかも。 ただ、期待値上がりすぎて、あんまり共感できない真相でないことを祈るばかり。 ]]>