ドラマガガ

今と昔のドラマがわかるドラマ好きのためのレビューブログ

順子(深田恭子)は、好きな人が幸せになって、自分が幸せになったことに気づかなければ恋愛できない?『初めて恋をした日に読む話』8話

follow us in feedly

『初めて恋をした日に読む話』8話。

 

前の記事はこちら

 

いよいよ東大受験まであと少し。

模試で由利(横浜流星)の結果がE判定かも?と思っている矢先、由利の父(鶴見辰吾)が政治家(平泉成)の裏取引疑惑に巻き込まれ、失脚寸前に。そして、由利の家はマスコミに取り囲まれる事態に陥る。

 

父を見返してやりたい一心だったのに、その父から「東大なんて行かなくていい」と(トラブルに巻き込まれた八つ当たりで)言われた上に、自分が模試を受けていた最中、山下(中村倫也)とデートしていたと順子(深田恭子)から聞いたことも影響し、由利は自分にとって東大受験とは何の意味があるのかわからなくなってしまう。

 

でも、やっぱり受験することに心残りがあって喫茶店で勉強しているところを雅志(永山絢斗)に目撃され、互いに順子を狙うライバルのはずなのに、励まされる。

それも「好きな人(順子)に幸せになってもらいたいから」という理由で。

 

一方、順子は山下とデートして「好きになりたいって思ってる」と伝えるが、やっぱりなんだかんだ由利の方が気になってしまう。

そして、由利の父の件で、不安定になる由利を見て、彼よりも不安になる順子。その姿を見て山下はあることを決意する。

それは由利の父のトラブルの原因である政治家が元嫁(星野真里)の父だったので、真実を公表する代わりに、元嫁と再婚し、政治家を継ぐということ。

 

雅志も山下も順子の幸せのためにいろいろ動いてくれる。

由利も自分のために大学受験を諦めないと決めたけど、そうは言ってもやっぱり順子を落ち込ませたくない、幸せにしたいというのが東大受験の大きなモチベーションになっている。

じゃあ、順子の幸せって何?

 

ちなみに、由利がどうして自分に優しくしてくれるのか雅志に問うて、「人間が動くには究極、2つの理由がある。それは自分が幸せか、好きな人が幸せか」なんてことを答えるシーンがあった。

 

順子のモチベーションを考えていくと、由利が合格すれば彼が幸せになれると思うから動く、そして、彼が合格したら自分の東大受験の失敗をようやく乗り越えられる=自分も幸せになれる、と思っているから動いているようにも見える。

それを雅志が言う行動の理由に当てはめると、好きな人が幸せであることと、自分が幸せであること、片方でなく、その2つがそろって初めて順子にとっての「幸せ」につながるのでは?

 

そう考えると、順子は(無意識に)好きな人が幸せになって、そして自分も幸せになったことに気づいてようやく誰かと恋愛する気持ちが整うのかな……なんて思ってしまった。

 

山下につい「好きになりたい」とは言ったけど、やっぱり順子にはそれだけじゃ恋愛のモチベーションにならないわけだわ。

 

しかも、雅志がロシアに行くかもしれないし。

 

最終回まであと2話。このまま由利ルートか?

 

※原作はこちら

初めて恋をした日に読む話 1 (マーガレットコミックス)

初めて恋をした日に読む話 1 (マーガレットコミックス)