ドラマ

癒し系飯テロ作品だと思った『きのう何食べた?』

前の記事はこちら
主人公は、弁護士のシロさんと美容師のケンジ。 ゲイカップルだから遭遇してしまう困りごとにぶつかりつつも、シロさんが作るご飯を中心に、ささやかな2人の日常を描いていく癒し系の作品。 とにかく2人のキャラがいい! シロさんは弁護士だけど、お金儲けをしたいわけではないから、定時(18時)に帰れて、簡単ですぐ終わる案件さえできればいいというスタンス。 ……なんだけど、やたらと知人経由で案件を依頼され、クールだけど、なんだかんだお人好しなので受けてしまう。 そして金銭感覚はしっかりしていて(ケチともいう)、ハーゲンダッツはスーパーの割引価格で買いたい。その上、自分のスタイルはスリムのままキープしたいナルシスト&料理上手。だから、定時に帰ってめちゃくちゃ美味しそうでヘルシーな一汁三菜メニューを手早く作ってしまう。 そしてシロさんと一緒にその料理を食べるパートナーのケンジは、いい加減、自分でお店を持っていい年齢なのに、専門学校の同期が開いた美容院に長年勤めている。 そして、メンタルが強いようで、厄介な客にまったくめげない。 ゲイであることもオープンで、お客さんにまでシロさんがカッコよくて、料理上手で頼れる!なんてのろけ話をしてしまうほど。 そしてシロさんの友達やクライアントが男だと、シロさんがその人のことが好みだったかどうか聞くほど嫉妬深い。 そんな2人が織りなすストーリーは、確かにゲイカップルならではのものもあるけど、だからといってそれを強調しているわけではないし、「一緒に暮らしていればそうなるよねー」という微笑ましいものばかり。 あと、どのエピソードもシロさんが料理を作って、食べるシーンが必ず入っているので、正直、飯テロ作品だと思う。 料理シーンやご飯がメインに出てくる漫画、ドラマが大好きなので、もうそれだけで私は満足。 ちなみに、作品の中で出てきたメニューのつくり方は、漫画の中でシロさんの料理シーンとして載ってるし、分量が掲載されてるメニューもあるので、再現しやすいのもまたうれしい(いつかはトライしたい)。 原作はそんな感じだったけど、ドラマはどうなるのか? ただ、シロさん演じる西島秀俊さんもケンジ演じる内野聖陽さんも、サイトの画像を見る限り役にハマりすぎてるので、今から楽しみ! ちなみに1巻を読んで一番印象深かった、シロさんと佳代子さんのエピソードはドラマでやるみたいなので、ワクワクしてる。 あと、ケンジの美容室の店長役をレキシさんがやるのでは?とにらんでいるんだけど、果たして……! ]]>