ドラマ

四三とスヤの結婚スタイルは今風?『いだてん』15話

前の記事はこちら
スヤのことは好き、だけど、4年後のベルリンオリンピック出場のために練習しなきゃならないと思っているから、正直、結婚どころではない四三。 けど、スヤと一緒にいるため、養子として婿を迎えたい池部幾江(大竹しのぶ)、四三が相手だから再婚したいスヤ、そして池部家から畑を借りている金栗家としては、四三が結婚して池部家に行ってもらえればすべて丸く収まると思ってる実次(中村獅童)。 最初に言った通り、四三は結局、結婚するわけだけど、スヤが幾江を大切に思うのと同じくらい、四三もベルリンに向ける熱意は強いもの。 だから(もちろん、まだ四三が大学生ということもあったけど)、結果として彼ら夫婦が選んだのは別居婚。 そういえば同じクドカン脚本の『あまちゃん』も、夫婦・カップルの新しいスタイルを提示していた。 夏ばっぱと忠兵衛さんは、遠洋漁業のせいだけど、基本別居婚。 春子と正宗さんは、離婚はしたけど、娘を支えるため芸能事務所で一緒に働く(ラストに再婚したけど)。 鈴鹿ひろ美と荒巻太一は、ずっと籍を入れないスタイル(こちらも結局結婚したけど)。 漁協組合のかつ枝さんと組合長は元夫婦で今も夫婦同然で暮らしているけど、離婚している。 入籍して、同居していることだけが夫婦ではないし、同居しているからって婚姻が必要かって言われるとそうではない。 今回の四三とスエの別居婚も、史実にあったことなんだろうし、次週の予告を観ると、スエが上京しているシーンがあったから、もしかしたら、東京で同居をスタートさせるのかもしれない。 でも、カップルのスタイルなんて人それぞれ。 だけど、そこをドラマの中で主張するのも白々しい。 クドカンのドラマは、カップル間ならではの生き方・過ごし方を強調することなんてせず、物語の中にすーっと溶け込むように描くのが本当に巧い。 それを『いだてん』の中でも垣間見ることが出来て、15話は大満足だった。 しかし、四三は結婚したことを誰にも報告できてないけど……。 これもまた16話以降にオチがありそうで楽しみだな。]]>