どうか「厩乃抄」はもっとたぎるような話を……『SICK’S 覇乃抄』完

PR
記事内に広告が含まれています。
<<<前へ:御厨(木村文乃)の中に「朝倉」がいる?『SICK’S』8、9話

>>>次へ:御厨が重病!?高座が裏切り者!?さらっと急展開を迎えた『SICK’S』11話

SICK’S』10話。

もうこれで「覇乃抄」は終わり。

「覇乃抄」の5話分でわかったのは、
●御厨(木村文乃)のスペックはニノマエイト(黒島結菜)によって目覚めさせられたもの。
●そしてそのスペックには朝倉(『ケイゾク』参照)が宿ってる?
●スペックホルダーを囲う新興宗教・インナープラネッツとアジアの某超大国、それとは逆に、スペックホルダーの存在を隠そうとする日本の内閣、そしてニノマエイトが「ホリック」というものを狙っている。
●その「ホリック」のありかを知っているのが、超重罪で捕まっていた囚人・玄野冥府(酒向芳)。
●だから誘拐され、インナープラネッツの教祖・邑瀬帝法(山口紗弥加)のもとに玄野冥府が監禁されていた。

ちなみに玄野冥府は、消しゴムのように人を消してしまうスペックホルダー・埴生庵太(池田鉄洋)によって誘拐されたと言われていたけど、そもそも埴生が邑瀬帝法の「虜」のスペックに操られてやっていたことだと発覚。
(この「虜」から目覚めたあとは、超いいヤツだということも発覚して、なんかホッとした)

しかも、その邑瀬帝法は御厨と高座(松田翔太)にやっつけられてしまったため、「ホリック」を巡る抗争は、アジアの某超大国と内閣、ニノマエイトになったわけ。

だけど、まだまだ疑問符がつくことばかり。

●10話最後に、玄野冥府の居場所を御厨たちに教えてくれた山城(新川優愛)は、「恕乃抄」で長谷部(波岡一喜)に処分されていたはずだったけど、なぜ生きていたのか、そして、本当に御厨たちの味方なの……?
●御厨のスペックは、物語の中でどういう位置づけ?
●そのスペックに宿りし朝倉は何?
●ニノマエイトは一体何者?そしてどうして御厨にスペックを与えた?
●『SICK’S』1話冒頭に流れた、スペック覚醒中の御厨VSニノマエイトのシーンは、「ホリック」を巡る戦い?
●で、みんなが狙う「ホリック」って何?

こんなことが秋に放送されるという「厩乃抄」ですっきりすべて明らかになればいいけど。

ところで、物語において個人的に気になることが。

『ケイゾク』、『SPEC』のときには血湧き肉躍った敵との頭脳戦部分が、『SICK’S』では弱い気がするんだけど、その点、このまま見続けていて大丈夫なのだろうか。

10話も、邑瀬帝法と戦うために御厨が作戦を立てるんだけど、スピンオフの『サトリの恋』を見ていたせいか、『SICK’S』のが本体なはずなのに、小粒な作戦に見えてしまって……。

どうか、どうか、「厩乃抄」はたぎるような話になってくれますように……。

作品概要

タイトル:『SICK’S』覇乃抄
配信日:2019年5月18日
出演:木村文乃、松田翔太、黒島結菜、波岡一喜、新川優愛、高杉亘、矢野浩二、酒向芳、徳井優、宅麻伸、竜雷太
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/sicks_specsaga/ha.html
動画配信:U-NEXTで見るHuluで見る

タイトルとURLをコピーしました