【ドラマ『RoOT / ルート』8話あらすじ・レビュー】玲奈は三矢ユキを殺した本当の犯人を知っている?

PR
記事内に広告が含まれています。
PR

<<<前へ:【ドラマ『RoOT / ルート』あらすじ・レビュー】凸凹探偵コンビが奇妙なタクシー運転手を追った先にあった事件の謎とは?

アニメ『オッドタクシー』の物語を別の視点から描いた実写ドラマ『RoOT / ルート』。
河合優実、坂東龍汰W主演、2024年4月3日から毎週火曜24:30よりテレビ東京で放送中のミステリー作品。
このドラマの8話あらすじ・レビューを書いた記事です。

8話(転落の軌跡)あらすじ

三矢ユキ(菊池日菜子)が遺体で発見された。

殺されたと思われる日、二階堂ルイ(中村麗乃)に事務所に呼び出されていたユキ。
不安を感じ、マネージャーの山本(鳥谷宏之)を呼びだすも、彼が到着した頃にはユキが死んでいた。そばにいたのは二階堂。

「殺していない」という彼女に「信じる」とは言ったものの、デビュー間近に騒動になるのを避けたい山本はヤノ(奥野瑛太)を呼び出し、彼の舎弟・関口(山口航太)とともに遺体処理をしてもらう。

一連の出来事に二階堂は納得がいっていないようだったが、芝浦ふ頭の遺体がユキだと判明してからすぐに彼女と山本、ヤノ、関口は逮捕される。

一方、ユキの死がわかってから、玲奈(河合優実)は彼女との過去を思い出していた。

同じ陸上部の同じ幅跳びの選手。
玲奈が3年の最後の大会。ユキの成績が伸びていたこともあり、彼女が幅跳びの代表に選ばれるかもしれないという不安はあったものの追い込みで練習もしているし、自分が代表に決まっていると思っていた玲奈。
しかし、蓋を開けてみたら選ばれたのはユキだった。
納得がいかず、先生に掛け合ってみても、玲奈がチームの和を乱していると言われてしまう。

あるとき、彼女を慕って校内で声をかけてきたユキ。
嫉妬心が膨らんだ玲奈はそこで魔が差して、彼女を傷つけるようなひどいことをしてしまい、自身も休学に追い込まれる。

ユキの葬儀の日。
彼女の父である笑風亭呑楽(松尾貴史)、母の久美子(中込佐知子)に会い、そのときの後悔してもしきれない思いを伝えるが……。

二階堂の逮捕で、活動休止となってしまったミステリーキッス。
三矢ユキと名乗っていた和田垣さくら(小林桃子)に様子を聞きに来た玲奈。
大変な事件が起こったのに、どこか他人事の彼女。気持ちを切り替えて、別のグループでデビューをしたいとまで言い出す。
その雰囲気に怪しげな匂いを感じた玲奈は、会っていた喫茶店から出ていった彼女を佐藤(坂東龍汰)に尾行させる。

レビュー

7話でユキを殺したいと思ったことがあるほど、玲奈は何か後ろめたいことがあるのかと思ったら、結構なことをやらかしていた……。

もちろん、以前から計画したものではなく、衝動的なものだったから本人は今でも後悔しているのは手に取るようにわかる。

ただユキ自身が、才能もあるし、努力もするし、人間としてもできている。だからそんなことが起こっても、「玲奈のことが好き」と言って許している。
そんなことされたら、うれしいけど、やられたほうはもっと惨めになりそう。
だから、玲奈は休学を機に高校を辞めて働くことにしたのかもしれないと考えてしまった。

で、肝心のユキの殺人事件。
『オッドタクシー』で言うと11話あたりの話とリンクしている。

ドラマだけ見ていると二階堂が犯人だと思うけど、真相は別にあって。

『オッドタクシー』と映画『オッドタクシー イン・ザ・ウッズ』ではその真相を描いているけど、エピソードとしてはほんの少しだった印象なんだよね。
まだドラマは続くみたいだから、そのあたりの背景がアニメよりは詳細に描かれるのかも。
今後はそれに期待。

PR

作品概要

タイトル:『RoOT / ルート』
放送日:2024年4月3日〜
放送時間:24:30〜25:00
放送局:テレビ東京
出演:河合優実、坂東龍汰、黒田大輔、紗羅マリー、菊池日菜子、吉本菜穂子、篠原篤、ダイアン、三浦誠己、松尾貴史
原作:P.I.C.S.、此元和津也
監督・脚本:土屋貴史
動画配信:Netflixで見るAmazonで見るHuluで見るFODで見る
公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/root/
▼原作マンガを読むならこちら

▼映画『オッドタクシー イン・ザ・ウッズ』のDVDはこちら

<<<前へ:【ドラマ『RoOT / ルート』あらすじ・レビュー】凸凹探偵コンビが奇妙なタクシー運転手を追った先にあった事件の謎とは?

ドラマレビュー一覧

2024年ドラマリスト

タイトルとURLをコピーしました