【『岸辺露伴は動かない』第3期あらすじ・レビュー】辻神と数字にゾッとさせられるストーリー

PR
記事内に広告が含まれています。
PR

<<<前へ:【『岸辺露伴は動かない』第2期あらすじ・レビュー】坂は境目……「六壁坂」の妖怪伝説とは?

>>>次へ:【映画レビュー】『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』(配信:Amazon Prime Video)

高橋一生が岸辺露伴、飯豊まりえが泉京香を演じたサスペンスドラマが『岸辺露伴は動かない』。人の心や記憶を本にして読むことができ、絶対に逆らえない命令を書き込むことができるヘブンズ・ドアーというギフト(能力)を持つ漫画家・岸辺露伴。彼と編集者の泉京香が出会う怪異と、それが起こした不可思議な現象を解き明かしていく作品。第3期は、2022年12月26日から12月27日までNHK総合で22:00より放送。この作品の各話あらすじ・レビューを書いた記事です。

「ホットサマー・マーサ」(7話)あらすじ

緊急事態宣言が発動され、遠出ができず、マスク生活をしなくてはならなかった時期。岸辺露伴(高橋一生)は、取材により漫画のネタを集められないせいで、モヤモヤした日を過ごしていた。

そんな中、丸3つが印象的な新キャラ・ホットサマー・マーサのデザインについて担当編集の泉京香(飯豊まりえ)から著作権の問題で、4つにしてほしいと提案される。

露伴は断固反対する。むしゃくしゃした勢いで、飼いはじめた犬のバキンの散歩へ。歩いているうちにある辻(十字路)が突然気になりはじめた。いつもとは違う方向へ行ってみると、神社があることに気づく。奥にある大きな木の根元には祠が。それが目につき中に入ってみると、不思議な鏡があった。

鏡に一瞬目を奪われたものの、なんてことなく家に帰る露伴。

すると泉からさっき描きかけだったはずの原稿の返却があり、その上そこに描かれたホットサマー・マーサは丸4つのデザインになっている。泉にクレームをつけると前に確認したはずだと言われ、日付を確認すると7月だったはずが10月になっていた。

しかも、さっき庭まで侵入してきた熱狂的ファンのイブ(古川琴音)が家の中にいる。なぜこんなことになっているのかヘブンズ・ドアーの力で見てみると、どうやら空白の3ヶ月間、彼女と一緒に暮らしていたらしい。

状況に絶望しながら、神社を訪ねてみると親子の神主たちからそれは藪箱法師の仕業だと言われる。

藪箱法師は祠にあった鏡に映ったものと入れ替わり(実際は本人の陰の性格が突出した状態)、月の満ち欠けの3回分(約3ヶ月)で戻ってくるという。

とにかくホットサマー・マーサのデザインをどうにかしたい露伴は神主たちに詰め寄る。すると鏡に映らないように、それを左方向に3回転すれば藪箱法師がやったことを元に戻すことはできるという。

そこで露伴は試してみるが……。

7話相関図


▼「ホットサマー・マーサ」の原作は『JOJO magazine』2022 SPRINGに収録

「ジャンケン小僧」(8話)あらすじ

自分の思いに反して、ホットサマー・マーサは人気となり、その状況を受け止めざるを得ない岸辺露伴(高橋一生)。

ある日、露伴の元へ打ち合わせに来た泉京香(飯豊まりえ)の後をつけてきた少年・大柳賢(柊木陽太)が家に押しかけてくる。
というのも露伴の漫画『ピンクダークの少年』の大ファンで、これまでの作風からいってホットサマー・マーサの丸が4つであることに納得がいかない。3つにしてほしいという要望を露伴に伝えるためだった。

指摘は正しいが、すでに世に出てしまったものなので、参考にすると言って彼をあしらう露伴。

その態度から、より3に執着し、露伴を許せないと感じた少年。そう思いながらある辻を通ると何かに取り憑かれ、それから執拗に露伴へジャンケンの勝負を挑むようになる。

ある時はタクシーを止める露伴の横入りをして。またある時はカフェの席を横取りして。

露伴がヘブンズ・ドアーの力を使っても当初はそこまでする原因がわからなかった。しかし、ジャンケン勝負に1敗してからジャンケン小僧に力を奪われてしまう。それから本の中身を見てみると、あるページには、辻のような十字が書かれていて……。

8話相関図

レビュー

第2期と同様、1話完結ではあるものの、2話に連続性を持たせたストーリー構成。

共通するテーマは辻(十字路)と数字。

辻にはよく辻神という災いをもたらすものがいるという。
7話では、露伴自身が辻神にまやかされて、藪箱法師に出会ってしまった。
8話では、大柳賢がジャンケン小僧になってしまった。

また、辻とは四つ辻とも言うように数字の4が入っている。
辻神による災いだけでなく、ホットサマー・マーサを丸4つにしたせいで、露伴はジャンケン小僧に追いかけられてしまった。だから、4は今回のストーリーでは悪運をもたらす数字のよう。

一方、3は問題を解決するために使われる幸運の数字。
藪箱法師は3ヶ月で戻っていくし、鏡を3回転させれば藪箱法師がやったことを無効にできる。そして、ジャンケン小僧との勝負も3回勝負。

このように身近にある辻や数字が怪奇を引き寄せる鍵になっているから、グッと不気味さが増す。それに自分の運・不運もこういうものに因果があるのかもしれないと思ってしまう。

ただ劇中で神主たちが善と悪、陰と陽は曖昧なものとも言っている。

ホットサマー・マーサの丸4つは、露伴もジャンケン小僧も大嫌いだったけど、他の読者たちには人気だった。
3にこだわり、露伴を憎んだジャンケン小僧は、ホットサマー・マーサの丸4つのせいで足を掬われる。

悪運に思われていた4も、幸運と思われていた3も、人やシチュエーションが違えば真逆の意味に変わってしまう。

ちなみに8話の終盤で露伴はジャンケン小僧にこんなことを言っていた。
他人を負かすのはそんなに難しいことではない。もっとも難しいことは自分を乗り越えることだと。

結局は善も悪も、陰も陽も捉え方次第。それに負の立場に自分が追い込まれたとしてもそれを乗り越えられるのは、自分自身だけ。たとえそれが難しいことだとしても、自分を信じてもがくしかないのかもしれない……と思わせてくれた物語だった。

PR

作品概要

タイトル:『岸辺露伴は動かない』第3期
放送日:2022年12月26日〜12月27日
放送時間:22:00〜22:54
キャスト:高橋一生、飯豊まりえ、古川琴音、酒向芳、山本圭祐、柊木陽太
原作:荒木飛呂彦
脚本:小林靖子
演出:渡辺一貴
動画配信:Amazonで見るU-NEXTで見る
公式サイト:https://www.nhk.jp/p/ts/YM69Q8456J/
▼DVDで見るならこちら

▶メルカリで作品を探すならこちら

タイトルとURLをコピーしました