【『くるり~誰が私と恋をした?~』7話あらすじ・レビュー】記憶喪失前の主人公を追いかけていたのは誰?

PR
記事内に広告が含まれています。
PR

<<<前へ:【『くるり~誰が私と恋をした?~』6話あらすじ・レビュー】なぜ主人公がモブキャラとして生きていたのか?

2024年4月9日からTBSで火曜22:00に放送中のドラマ『くるり~誰が私と恋をした?~』。
生見愛瑠が記憶喪失の主人公・緒方まことを演じ、彼女を取り巻く3人の男性との関係性について描いていくラブコメミステリー作品。
この7話のあらすじ・レビューを書いた記事です。

あらすじ

リングショップのお客さんから、彼女のプレゼントのために特別なリングケースを作ってほしいと言われ、それを作ることになった緒方まこと(生見愛瑠)。

西公太郎(瀬戸康史)に相談し、店のドライフラワーを使わせてもらうことに。そして材料をリングショップに届けてもらうと、店主でまことの師匠でもある立川杏璃(ともさかりえ)が公太郎の幼なじみ・聡(浜中文一)の姉で昔からの知り合いだとわかる。

しかし、プロ選手として所属チームまで決まっていたバスケを諦めることになった事故の原因が聡にあったこともあり、彼とは疎遠になっている公太郎。

そのことを知り、まことは聡に会うように説得するが、自分と会うことで夢を諦めさせてしまった罪悪感でいっぱいになる聡の顔を見たくないと突っぱねる。

でもなんとか仲直りさせたいと思ったまことは、間近に迫っている聡の結婚式を利用し、あることを思いつく。

一方、朝日結生(神尾楓珠)はまこととの仲が進展しないことから飲みすぎて、その勢いで公太郎の元へ愚痴を言いに行ってしまう。
そこで彼から聞いたのが、板垣律(宮世琉弥)はまことに一目惚れしたのではなく、前から知っていたということ。

後日、律にそのことが事実なのか聞きに行くと、ただのいい人に負ける気がしないと宣戦布告される。
しかし、朝日もそれに負けじと「俺、全然いい人じゃないから」と宣言するが……。

レビュー

泣きながら律に追いかけられる夢を見たまことは、記憶喪失になる前から彼とは知り合いだったのではと疑いはじめる。
しかも彼女からそう聞かれて、律の顔が引きつっていた。
ってことは追いかけられて階段から落ちたまことの事故の原因って律?

ただ朝日が律に「全然いい人じゃない」って言ったのも
ちょっと気にはなっているんだよね。
自分の感情を持て余して追いかけていたとか?
でも「まことにはいい人でいたい」という朝日の言葉を信じたいけど。

あとは、ラストにまことが思い出した(公太郎から聞いてはいたけど)人に追いかけられる記憶。

これも事故直前に追いかけていた人と一緒?
となると律or朝日?

そして、公太郎はずっと元カレと嘘をついているみたいだけど、その理由も気になる。
まことも6話で「そういう目で見たことがない」と公太郎が言ったことを思い出していたから、元カレではないことは薄々気づいていると思うんだけど。

ちなみに今回個人的に見どころだと思ったのが、まことが指輪に執着しなくなったところ。6話で過去の自分を振り切ったことで、指輪のカレについても気持ちが離れていったみたい。

記憶をなくしても現れないカレよりも、記憶をなくしても自分を支えてくれる人がいる。それだけで幸せ。
その心持ちが素敵だなと思った。

ただ記憶が戻ったり、真相がわかったりしても今感じた幸せを取り消さないでほしいな。

PR

作品概要

タイトル:『くるり~誰が私と恋をした?~』
放送日:2024年4月9日〜
放送時間:22:00〜22:57
キャスト:生見愛瑠、瀬戸康史、神尾楓珠、宮世琉弥、丸山礼、高野洸、村方乃々佳、肥後克広、ともさかりえ、片平なぎさ、坂井真紀
脚本:吉澤智子
演出:松木彩、大内舞子
主題歌:Da-iCE「I wonder
動画配信:U-NEXTで見る
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/darekoi_tbs/

<<<前へ:【『くるり~誰が私と恋をした?~』6話あらすじ・レビュー】なぜ主人公がモブキャラとして生きていたのか?

2024年ドラマリスト

タイトルとURLをコピーしました