ドラマ

『獣になれない私たち』は実は呉羽とカイジが主役の話?

ライトでポップでときどきラブな話かと思いきや、とってもヘビーでズシンとくる話だと思い知らされた1話。 晶(新垣結衣)の、彼氏・京谷(田中圭)との煮え切らない関係をやめることと、パワハラ社長のいる会社との決別。 恒星(松田龍平)の、どうにもならない呉羽(菊地凛子)への想いを断ち切ることと、粉飾決済の手助けから手を引くこと。 もう、早々にケリをつける話だと思っていたら、最終話にようやくすべてにさよならするという……。 私たちは彼女たちの決別の物語に10話も振り回されていたんですね。 それで結局、このドラマ、どこがキモだったのかなと思ったら、最終回の呉羽の会見がすべてだった気がする。 セリフを抜粋すると、記者から「お子さんの予定は?」と聞かれ、病気でもう子供ができない体の呉羽はそれで吹っ切れ、 「結婚って子供をつくるためにするの?一緒にいたいから結婚したの。それ以上何かある?(世間を騒がせたことについて)いやいや、騒いでるのはあんたたちだよね?橘呉羽はカイジの妻である前に呉羽です。これからも好きに生きようと思います。カイジと一緒に」 で、晶と恒星が、この「好きに生きよう」と決めた結果が、抱えていて不快なものすべてからの決別だったのだと思う。 現実、そううまくはいかないと思うけど、ちょっとスッキリした結末だった。 しかし、よく思い直してみると、1話に出てきた呉羽がカイジとの結婚の決め手と言った鐘の音。 最終話にもその話題が出てくる。 ということは、最初からキーパーソンは呉羽とカイジだったわけで、ひょっとしてこの物語の影の主役はこの2人なのでは? もしかしたら、この2人を主人公にした話の方が、もっとドラマのメッセージが伝わりやすかったり? なんてちょっとだけ思ってしまった。 実物のカイジ(飯尾さん)は途中からの参戦だったけど、この2人、好きだったし、2人の物語もみてみたい。

第1話

第1話

]]>